トップページ

    このサイトではさいたま市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「さいたま市で車を高く買い取りしてくれる専門店を調べたい。」ということを思っているならこのページに掲載しているおすすめの車買取専門店でリサーチしてみてください。

    中古車を高価買取してもらうために大事なことは「さいたま市対応の何社かの車買取業者で査定の依頼をする」ということ。1社の車買取店だけとか近所のディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。さいたま市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、さいたま市での買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、さいたま市対応で使うのはタダ。

    「車を高く売りたいからさいたま市の車買取業者を知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが今乗っている車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、さいたま市で数万キロ走った中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをするとさいたま市にあるいくつかの買取業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はさいたま市にある複数の中古車買取店から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    さいたま市に対応している中古車買取業者から電話があった時は1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの車でも高く売れる可能性が上がります。

    最大で10社が中古車の査定金額を提示してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が愛用の車を買取査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比べることができるので、さいたま市に対応しているいくつかの中古車買取業者に依頼をして長年大切に乗ってきた車を少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    大切に乗ってきた愛車を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他の車買取業者と比較すると少ないですが、さいたま市に対応している最大で約10社があなたの車の査定してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一回見てみることをおすすめします。







    中古車の見積もりを行う場合に、カーナビ等のオプション品が付属していると査定額が高くなる傾向にあります。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビ非搭載だとマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売る前に車検を実施しても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    査定の専門家には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、嘘をついたことが原因でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが考慮されますから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、普段は知らない中古車の相場を知ることと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    そこさえ押さえておけば、少なかろうと多かろうと実質変わらないということになります。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、気持よく査定も迎えられますし買取額が増える可能性もあります。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定では好まれますし査定額にも影響してきます。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、却ってパーツが劣化して故障寸前になっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    本来ならば車を売るときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    でも、素人が傷を治そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    反対に軽自動車に関しては、税金の還付はありません。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    しかしながら、自動車税のことについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車売却の際にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。